頭痛の種類と症状

頭痛の原因の大半はクビにあります。 女性に多い頭痛・偏頭痛の症状は、当院にいらっしゃるお客様にも多くいらっしゃいます。 肩こりと同じく、頭痛も治したいけどなかなか思うようにいかないとお考えの方はいらっしゃいませんか? 実は、頭痛の原因の大半は首にあります。頭痛は、症候性頭痛と機能性頭痛の二つに分けられます。 症候性頭痛は、頭部の外傷や脳出血、クモ膜下出血といった病気が原因の頭痛です。 命にかかわる恐ろしい頭痛ですが、発生する割合は頭痛全体の5~6%程度なので、頭痛の大半は機能性頭痛と呼ばれるものになります。 それでは、頭痛の原因を探っていきましょう。

zutsu-contents01-img01.png

緊張性頭痛

  • ● 頭全体が締め付けられるように痛む
  • ● 頭がジワーッと痛む
  • ● 後頭部が常に重い
  • ● 後頭部や側頭部から肩や背中にかけて痛む

後頭部から首・肩・背中の筋肉に疲労物質(乳酸など)がたまり、筋肉が強く収縮し続ける(緊張し続ける)ことで痛みが起こります。 簡単に言うと、筋肉のこりが原因の頭痛です。

片頭痛(女性に多い)

  • ● 頭のこめかみから目のあたりが痛む
  • ● 頭の両側や後頭部、頭全体が痛む
  • ● 1ヶ月に6回までの頻度で起こることが多い(加齢とともに頻度は増すことも)

ホルモンが原因とされており、生理が規則的にある女性に多く、生理時と排卵時の月2回、規則的に頭痛が現れます。 また、それとは別のホルモンの働きによって、血管の異常な収縮と拡張が繰り返されることから頭痛を発生させるケースもあり、その場合は寝込んだり、吐いたりする症状を伴う重い片頭痛となり、重症になるとまれに脳梗塞(のうこうそく)になることもあるようです。 この様に、頭痛の大半を占める緊張型頭痛や片頭痛の原因は、首の血流悪化にあります。 首の血流がとどこおり、筋肉のこりや緊張を招き、緊張型頭痛を招きます。 筋肉のこりや緊張がひどくなれば首周辺の筋肉の血流障害が悪化し、ホルモンを分泌させ、その結果片頭痛を引き起こすことになるのです。

群発頭痛

  • ● 片側の目、目の上、こめかみあたりがのたうち回るほど激しく痛む
  • ● 一度起こると連日の様に1日1~2回、痛みが群発地震のように頻発し、それが1~2ヶ月続く

※こういったケースの場合は一度病院でしっかり検査されることをおすすめします。

頭痛の種類と症状

頭痛には幾つかの種類があり、症状も異なります。 代表的なものには、頭の片側がガンガンと痛み、吐き気なども伴う片頭痛、夜中に痛みが起こり、特に目の奥の痛みが激しい群発頭痛、後頭部周辺などに鈍痛を感じる緊張性頭痛などがあります。

片頭痛の原因

片頭痛の原因は様々あり、例えば緊張性頭痛の場合、ストレスや肩こりがあり、これは精神的なストレス、長時間同じ姿勢でパソコンに向かっているなど身体的な披露、また頭部や身体に合わない枕の使用なども原因に挙げられます。 このほか頭痛の原因には、鼻や耳、歯などの病気が引き金となるもの、過度の飲酒やある種類の食品を摂取した場合、天候や気圧の変化などの他、クモ幕下出血など、生命の危険に関わりかねない病気などもあります。

片頭痛の対処方法

緊張性頭痛の対処法としては、適度な運動や入浴、マッサージなどで身体をリラックスさせることが良いと言われています。 また、高さの合った枕で眠ることも大切です。 片頭痛の場合、マグネシウムやビタミンBなどの栄養素、緑茶やコーヒーなど適量のカフェインの摂取などが有効だとされています。 音や光に敏感になるため、暗い部屋で安静にしたり、頭を冷たいタオルなどで冷やすことも効果的です。 治療薬としてはトリプタン製剤などがあります。

zutsu-contents01-img02.png

当院は癒し(リラクゼーション)や美容整体”ではなく、 症状の根本的解消を目的とした本格的治療系の整体です。

「どこへ行っても治らなかった。」 「身体の不調を治したい!」

と思われる方は一度ご相談ください。 初回のみ無料でメール相談をお受けいたします。

痛みの根本から改善をする札幌の整体院|地下鉄・JR札幌札幌駅北口から徒歩1分

肩こり腰痛リセット院
tel:011-374-7551

完全予約制/営業時間10:00~21:00/土日祝営業 [住所]札幌市北区北7条西2丁目 37山京ビル5階